Translate:
生物

発見した種を新種として発表するには?

こんにちは(o´▽`)ノ

今回は、豆知識として新種として発表する手順をざっくりですが、記載したいともいます。



世の中には見つかっていない新種がたくさん

世の中には、まだまだ見つかっていない新種が沢山います。コリドラスなどは、かなりの種がいますので、本気を出せば、新種として発表して、自ら名前をつける事も出来ます。

新種としての発表は大変

新種としての発表はかなり大変なようです。何故なら、「見つけた種が新種かどうか確かめなくてはならない。」からです。

あるものを、あると証明するのは簡単ですが、「今まで発表されていないよ」と無いと証明するのはかなり大変です。

関係ある論文を全て集める

見つけた種に関係ある論文を全て集める事が必要のようです。コリドラスであれば、コリドラス関係の論文全部、、、。かなり昔のものや、コピーでしか得られない入手困難なものもあります。勿論日本語だけではありません。

スケッチも必要

発表したい種のスケッチ及び、測定も必要です。精緻にスケッチし、他の種と違う特徴を書いていきます。

論文を書く

英語で論文を書きます。分類学の論文作成では、細かいルールが国際的に規定されています。

学術雑誌の審査を受ける

厳しい審査があります。掲載不可となる場合も当然あります。

これをクリアする事によって、初めて新種として認められます。

まとめ

ここまで厳しいものだとは思いませんでした。ただ新しいと思って、写真を撮るだけではダメなのですね、、。コリドラスが沢山いるのに、未記載種が多い理由が分かります。似ているものも沢山いますしね。

その科、属において、深い造詣と探究心を持った者が得られる最高の誉ですね。私は名付ける夢を見たことがあります。

ご覧頂き有難う御座いましたm(_ _)m

参考書籍:ザリガニ 川井唯史著 岩波書店


ザリガニ―ニホン・アメリカ・ウチダ (岩波科学ライブラリー)