掲示板まとめ

【タティア】小型タティア数種飼育していて気付いた事をまとめてみました。

23 :1:2011/03/17(木) 19:37:40.92 ID:O5VKIpdR小型タティア数種飼育していて気付いた事をまとめてみました。

1 夜行性(日中は寝ている)
2 十分に餌が足りていれば魚食性は低い
3 お気に入りの場所が見つかるとそこから動かなくなる
4 他魚に干渉しないが、自分のテリトリーに侵入されると激しく威嚇する(噛みつく)

ゴールデンレオパード…夜間の急な点灯はパニックを起こす。食い意地が張っている。
隠れ家は暗がりを好む
ホルスタインタティア…夜間の餌食いは水面下の餌まで及ぶ。ホルスタインタティア同士であれば同じ隠れ家に詰め込むように隠れる。
(他種とは混在しない。)パニックになっても猛スピードで暴れる事は少ない。
オトロンゴキャット…思ったほどの魚食性は無い。(内では小型テトラ複数と混泳中) 体丸ごと隠せる暗がりを好む。 10分間水から出しても死なない(実証済み)
日中も夜間も隠れ家から出ない(食餌の時最低限だけ外にでる)極めて強健種だが、水槽導入時極めて難しい種(導入時スレ、目の白濁が起こりやすい)
スポッテッドタティア…日中動きはないが、夜間は隠れ家から出て水槽中を動きまくる。水槽内での繁殖力は最も強い。13㎝前後までは大きくなる。テリトリーに侵入されると激しく威嚇し、噛みつく為注意が必要。
夜間の急な点灯は激しくパニックになる。
ブルドッグタティア…温厚な性格でいかなる時も他魚を攻撃しない。夜間は水槽中を動き回る。動きは緩慢

19 :pH7.74:2011/02/06(日) 23:13:29 ID:ZRwfxeEjタティアを過密で飼うと、場所の取り合いのようなことが起こります。
自分のお気に入りの場所に入り込もうとするものには、激しく威嚇し時には噛み付きます。
それでも最後は体の大きいものの方が場所を勝ち取り、負けた方は新たな場所を探すといった行為が見受けられます。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA