オトシンクルス

【水槽のパール】オトシンネグロゴールデンについてまとめました!

こんにちは(o´▽`)ノ

オトシンネグロは、昔から有名ですが最近はそのオトシンネグロのアルビノ個体が流通し始めました。

オトシンネグロゴールデンの稚魚をヤフオク!でたまに出品しています。

オトシンネグロゴールデン

オトシンネグロゴールデンの定義は海外の文献も含めてなかなか出てきませんでした。ショップでは、オトシンネグロゴールデンという名以外にも、アルビノ、色素変異という形で販売されております。

おそらくオトシンネグロゴールデンはルチノー(黄色遺伝子のみを持つ個体)に近い個体の事ではないかと考えています。

目は、ブドウ眼(微量のメラニン色素をもち、見方(角度)によって目の色が赤から黒へと変化する眼の事です。)のため、メラニン色素も持っています。

※色素遺伝子に関して詳しくないので、ご指摘いただけると幸いです!

下の画像は目がちょっと黒いです。

こちらは赤色に見えます。

拡大してみました。何とも言えない色合いです。

私としては、オトシンネグロゴールデンは、黄色色素が強く、若干のメラニン要素を持つ個体ではないかと考えています。

単純にアルビノ・色素変異=オトシンネグロゴールデンでもよいかもしれませんが、、、。

メラニン色素

前述の通り、完全なルチノーでなくメラニン色素を含んでおり個体差があります。

例えば下の稚魚

 

この稚魚をさらに拡大すると、色素が見られます。

 

極たまにヒレの先が黒かったりする個体もいます。ブラックエッジフィン・オトシンネグロゴールデンってかっこいいですね!

他にも白い?個体が生まれたりします。

 

大きくなると差が目立たなくなる。

沢山の数を飼育していますが、大きくなってくると差がなくなっていく印象です。みんなきれいだと思います。

コリドラスだと?

ちなみに、コリドラスで言うと、パンダのアルビノであるパンダゴールデンが近いんじゃないかと勝手に思っています。

パンダゴールデンは、ブドウ眼で、個体によってアイバンドなどに色素が残っていたりします。

オトシンネグロとゴールデンの差

通常のオトシンネグロとゴールデンを比べてみました。

まずは通常のオトシンネグロ。とても渋いです。

 

 

こちらはオトシンネグロゴールデン

メスは、卵が透けて見えます。

有精卵と無精卵?

ヤフオク!で出品しております。

オトシンネグロゴールデンの稚魚をヤフオク!でたまに出品していますのでよろしければご覧ください。

ちょこちょこ動いてかわいいですよ!

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

≫オトシンネグロの飼育方法や繁殖等についてまとめました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA