キンペコ

【実録】キンペコ(キングロイヤルペコルティア)繁殖

こんにちは(o´▽`)ノ

キンペコが繁殖しましたので、経過を記録し、まとめました。

キンペコ飼育環境

繁殖確認日:5月27日 中潮 水換えから1週間後

産卵日:5月29日 中潮

水槽:120cmオーバーフロー

水換え:1回/2W 70%程度

タンクメイト:仕切りで分けていました。

仕切り内には、当該キンペコペア、スターダストペコルティアペア

仕切り外:その他プレコ、コリドラス、カラシン等

温度:25℃で設定。交尾時は27℃。25℃にしたのは、25℃でも繁殖しないかなと思って設定していました。後電気代です、、。5月に入り、温度が上昇し、27~28℃になっていました。

餌:グロウEのみ

繁殖した筒:プレコハウス セミコーンS

1日目(5月27日) 交尾確認

筒の中でメスが奥に入り、オスが手前にいることが分かると思います。全身をブルブルさせています。この微細な運動をしている時が交尾をしている(正確には交尾の前段階?)時です。このブルブルを知っているか知らないかで、交尾しているのか喧嘩しているのか分かりやすくなります。

動画:様子を撮影してみました。分かりにくくてすいません。大きく拡大しながらご覧頂けると幸いです。

動画1 間欠的に、ぼやけてすいません。最初の場面でブルブルしているのが分かると思います。

動画2 もう一度撮影してみました。最後の方が分かりやすいかもしれません。

2日目 繁殖終了 大潮

メスが、筒から出ておりました。卵も何とか確認できましたので、無事に産んだようです。2日目は大潮ですので、大潮に産卵したかもしれません。

9日目

稚魚が1匹飛び出していました。ヨークサックが付いています。

柄が出ていますね。

11日目

もう少し、放っておくつもりでしたが、都合の関係で取り出す準備をしました。

筒をひっくり返すとすぐにオスが出てくれたのでラッキーでした。

中身は、このような感じです。奥に稚魚が詰まっています。

本来は、このような形で、親と稚魚を出すつもりでした。この形で一晩放置しました。フロートボックスでは稚魚数が多いので、大き目の産卵箱(ニッソー 産卵箱 DX (L))を使用しました。

インペリアルゼブラプレコ 筒出し方法こんにちは(o´▽`)ノ 今回は、インペの筒だし方法を記載いたします。 筒に入ったインペはなかなか出てきません。強情な個体は...

オス親は、メリハリがしっかりしている親ですので、似てくれるといいなと期待しています。オスのほうの形質を受け継ぎやすいそうです。

12日目

全部で25匹程度でした。

この頃の稚魚は一箇所に集まっていますね。筒の中では一箇所に集まっているはずですから、本能でしょうか。

 

キンペコ稚魚成長過程(ヨークサックが消えるまで)についてまとめました!こんにちは(o´▽`)ノ 今回は、キンペコ(キングロイヤルペコルティア)稚魚のヨークサックが消えるまでの成長過程について記載して行...

卵を産んだかの確認方法

ライトで照らして覗くが分かりやすいですが、執拗に除くのはお勧めしません。

理由は、親にストレスを与えてしまい、育児放棄・食卵の可能性があります。

大体は、少しの間見つめていると、定期的にヒレをパタパタします。卵に新鮮な水を当てているのでしょう。糞を筒から出す行動に似ています。結構頻回に行い?(1分に1回ぐらいの時も)ます。

 

まとめ

なかなか統制して、研究する事は難しいですが、「繁殖しやすい環境・条件」というのはあると思います。それにもいくつかパターンがありそうな印象で、それぞれ飼育者様ごとに方法・考え方をお持ちだと思います。

参考程度にご覧頂けたら幸いです。

ご覧頂き有難う御座いましたm(_ _)m

≫【実録】キンペコ繁殖②

≫キンペコ1ペア 実際の繁殖環境まとめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA