キンペコ

【連続繁殖】キンペコ(キングロイヤルペコルティア)1ペア 実際の繁殖環境まとめ

こんにちは(o´▽`)ノ

キンペコの繁殖を下記のようにまとめていました。その後のキンペコの繁殖については、記事にするつもりはありませんでしたが、今後のデータの1つになるかもしれないと思い、簡潔ではありますが環境等を記載して行きたいと思います。

現状1ペアでの観測結果です。他のプレコが成熟し、繁殖し始めたらまた記事にするかもしれません。

キンペコ水槽環境

水槽:120cmオーバーフロー

水換え:1回/2W 70%程度

タンクメイト:仕切りで分けていました。

仕切り内には、当該キンペコペア、スターダストペコルティアペア

仕切り外:その他プレコ、プレコ稚魚、コリドラス、カラシン等

餌:グロウEのみ

繁殖した筒:プレコハウス セミコーンSが多かったです。

繁殖1回目

繁殖確認日:5月28日 中潮 水換えから1週間後

産卵日:5月29日 中潮 水換えから1週間後

温度:25℃で設定。交尾時は27℃。25℃にしたのは、25℃でも繁殖しないかなと思って設定していました。後電気代です、、。5月に入り、温度が上昇し、27~28℃になっていました。

2回目

繁殖確認日:6月29日 大潮 水換えから1週間後

産卵日:7月2日 中潮

温度:30℃~31℃

前回の繁殖:5月27日 約1ヵ月後

3回目

繁殖確認日:7月24日 中潮 水換えから4日後

産卵日?:7月28日 大潮

温度:31℃(31℃クーラー管理)

前回の繁殖:6月29日 約25日後

※24日頃から、数回にわたりぶるぶるしていました。何回かメスが出て、再度筒に入るを繰り返していました。産卵がうまくいかなかったのでしょうか。25日後って速いですね。オスは、飲まず食わず子育てを14日していましたので、実質11日しか休息がありません、、、。

前回の稚魚は、まだ小さいです。

産卵したメスは、オスの筒の近くにいて見守るっている様ですが、このメスはあまりそのような事はありません。

4回目

繁殖確認日:8月28日 中潮 水換えから9日後

産卵日:8月31日 中潮

温度:31℃

前回の繁殖:7月24日 約34日後

頻繁に交尾しますね。インペもこのようなペースだと凄いことになるのですが、、。

≫インペリアルゼブラプレコの飼育方法

5回目

繁殖確認日:10月1日 小潮 水換えから7日後

※前日台風

産卵日:10月6日

一度交尾してから、数日離れ、再度交尾して産卵しました。

温度:27℃

前回の繁殖:8月28日 約34日後

マジックーフを早い段階で準備していたので、ほぼ稚魚が落ちずに安心サイズになりました。≫【プレコの稚魚の餌】マジックリーフの実際の使い方を記載しました!

動画のように交尾の直前【頻繁に】ヒレを動かしていました。時折、ヒレを頻繁に動かすオスを見かけます。オスのOKサインでしょうか。

6回目

繁殖確認日:11月21日 大潮 水換えから10日後

産卵日:11月27日

今回も数回メスが出たり入ったりして産卵に至りました。

温度:25.5~26℃

実験的に、25℃設定をしておりました。今回、25~26℃付近で産卵が確認されました。

前回の繁殖:10月6日

水槽整理で、下の画像のように違う環境(コリドラスや沢山のプレコがいる環境)にしたら産卵がストップしてしまいました。

元の環境に戻したら、4~5日で交尾に至りました。

大潮のためなのか、スターダストペコルティアのメスもじっと、オスを見てますが、入れてくれません、、。すぐ迎え入れてくれるオスは大事ですね、、、。

7回目

繁殖確認日:1月24日 中潮 水換えから12日後

産卵日:1月26日 中潮

隔離箱で交尾・産卵

温度:25.5℃

今回も25~26℃付近で産卵が確認されました。

前回の繁殖:11月27日

水槽事情で、ペアだけ産卵箱に移動させていました。産卵箱に移動しても、交尾・産卵してくれました。下の写真は、尻尾しか見えませんが、交尾しています。

実は12月も交尾していた

実は12月25日も交尾していたのですが、産卵までには行きませんでした。産卵せずに、メスが出てしまったので、「ああ、ストップしてしまったか、、」と思っていましたが、嬉しい事に1ヵ月後に産卵してくれました(o´▽`)ノ

キンペコオスのぶるぶるの様子

キンペコは、交尾時ぶるぶるします。このぶるぶるが分かるようになると、繁殖しているかどうか分かるので便利です。

卵を産んだかの確認方法

ライトで照らして覗くが分かりやすいですが、執拗に除くのはお勧めしません。

理由は、親にストレスを与えてしまい、育児放棄・食卵の可能性があります。

大体は、少しの間見つめていると、定期的にヒレをパタパタします。卵に新鮮な水を当てているのでしょう。糞を筒から出す行動に似ています。結構頻回に行い?(1分に1回ぐらいの時も)ます。

全然関係ありませんが

最近暑いですね。レオパも水のみに来ていました。レオパもかわいいのでお勧めですよ(o´▽`)ノ

≫ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)の飼育方法・注意点についてまとめました!

まとめ

データを見ると、大潮前後に「繁殖・産卵」しているような印象です。温度は、25.5℃~31℃あたりです。一度環境がはまれば、短期間でかなりの稚魚がとれますね、、、1回あたり30匹超ですから、全部稚魚が成長した前提であれば、3ヵ月弱で100匹近いです、、。恐らくどこかで繁殖は止まるとは思われます。

ご覧頂き有難う御座いましたm(_ _)m

≫【実録】キンペコ繁殖

≫【実録】キンペコ繁殖②

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA