きのこ(茸)

山でキノコ狩りをしてきました!

こんにちは(o´▽`)ノ

今回は、キノコ狩りを実際行っている方(先生)とキノコ狩りに行ってきました。今回は、発見ではなく、キノコ狩りです!数回1人で山に行きましたが、キノコを見つけても食べる勇気はありませんでした。

今回は、先生と一緒ですので、安心感が違います!

時期・場所

時期:9月30日

キノコが取れる時期を知っておく事は大事ですね。先生は、「キンモクセイの匂いがするとキノコが採れる。」とおっしゃっていました。

場所:家から車で3分程度の山です。近いのはありがたいですね。地元も地元で、親近感も違います。ナラの木などが多い雑木林です。

実際の様子

こんな感じの森です。

先生のスタイルは参考になりました。籠は重要ですね。胞子が落ちて次にも繋がります。熊鈴も重要です。

狙いは、地元で(全国で?)有名なクリフウセンタケアミタケとマイナーなムラサキアブラシメジモドキです。

クリフウセンタケは、炊き込み御飯に、アミタケはお味噌汁に入れると美味しいです。

毒キノコ?の皆様。

名前を聞いたのですが忘れてしまいました。この他にも沢山の茸がありました。

ナラの立ち枯れ

このような立ち枯れの木には、ナメコが出るそうです。山のナメコ、、、食べてみたいですね。

食べられるキノコ

クリフウセンタケ

群生していました(o´▽`)ノ

幼いキノコは、笠と柄に膜がかかっているそうです。

アミタケ

大好きなアミタケです。父親が若い頃はそこらに生えていたそうですが、今は高級食材となってしまいました。

茹でると紫色になります。風味抜群です。

ムラサキアブラシメジモドキ

こちらはマイナーなキノコになる?かもしれません。先生も最近までは食べられる事を知らなかったみたいです。しかし、この茸が人生初の自分で採取した食べられるキノコになりました(o´▽`)ノ

知らないと怖い毒キノコに見えますが、食べられると知ると急に親近感が沸きます。紫の宝石です。

山は面白い

すぐ近くの山なのに知らない事だらけでした。ちょっとした冒険気分になります。一人で行くとちょっと怖いですが。

一緒に同行した私の伯父さん。

ヨシノボリやサワガニが沢山居ました。ワサビが育てられそうです。秘密基地になりそう。

ナナナみたい

テレビ東京

アニメで出てきそうですね。

今回得たキノコ

台風が接近していましたので、早めに切り上げ90分程度山を歩きました。狙って採取した割には沢山採れたのではないかと思います。みんなのキノコをまとめました。

味御飯や鍋に入れて食べました。美味しかったです(o´▽`)ノ

まとめ

キノコ狩りは楽しいです。普段口に出来ないものを食べられる喜びもそうですが、何より採るのが楽しい。

また、山を歩く事は非日常で、生活の良いスパイスになります。土日に沢を上って、そこでキャンプをする方もいらっしゃるそうですが、気持ち分かります、、。仕事を忘れる瞬間ですね。春は山菜、秋はキノコを求めて山を歩けるようになりたいものです。11月以降になると自然薯も楽しめそうです。

今回得た知識を元に再度1人で山を登ってみたいと思います。

ご覧頂き有難う御座いましたm(_ _)m

※不用意なキノコ摂取や、山歩きは危険が多いため、くれぐれも気をつけてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA