エビ

【激変】カラーチェリーシュリンプ等を屋外飼育すると?

こんにちは(o´▽`)ノ

カラーシュリンプ(チェリーシュリンプ)とMIXシュリンプの親と稚エビをメダカのビオトープに入れていました。熱帯魚水槽にシュリンプが入れたくなり、ビオトープから掬い投入しましたが、色が激変していました。

※全ての個体があてはまる訳ではないと思います。1例程度にご覧下さい。

変化のBefore after

メダカビオトープに入れた個体たちは、下記写真の子どもや親です。

チェリーシュリンプ(スーパーレッド、イエロー、オレンジ、グリーンジェイド)とMIXシュリンプです。

MIXシュリンプは、チェリーシュリンプ(スーパーレッド)とインドグリーンシュリンプ、その他チェリーシュリンプ等を混ぜた個体と聞いています。

透明、かすかに色づいた個体、綺麗な個体様々です。

掬い出し、暫く熱帯魚水槽に飼育した個体。普通のミナミヌマエビみたいな色をしている個体もいます。8匹ほど掬いましたが、同じような色が多かったです。脱皮してもなかなか色が変わりませんでしたが、最近青い固体が見られるようになりました。

 

下の個体は非常に綺麗ですね。元々何色の個体だったのでしょうか。グリーンジェイドシュリンプ?。この色を固定化できたらカッコイイシュリンプ水槽になりそうなのですが、、。

追記:久しぶりに掬ってみたら赤い個体が掬えました。

ミナミヌマエビは環境によって色が変わりやすい?

ミナミヌマエビは、環境によって色が変化しやすいです。川でミナミヌマエビを捕まえると色々な色の個体がいます。その個体を水槽で飼育すると、また違った色に変わってしまいます。

チェリーシュリンプも同様に環境の変化によって、色変しやすいのだと思っています。

ビオトープのような、周りがグリーン一色のような環境では色が変わってしいやすいのだと思っています。

ジャパンブルーシュリンプも一時期ビオトープに入れていましたが、茶色になりました。

ただし、全てではなく上記の赤色のように変化しにくいカラーもいそうです。べったりとした色は変わりにくく、やや透明度が高いものは変わりやすいのでしょうか。実際私の入れた個体は、透明色の赤や黄色が多かったです。

カラーチェリーシュリンプ

チェリーシュリンプは、色々なカラー固定が生み出されています。一部紹介いたします。

チェリーレッドシュリンプ
icon赤いチェリーシュリンプです。有名な種ですね。安価で、飼いやすいシュリンプです。

icon
icon

レッドファイアーシュリンプ
icon上記レッドファイアーシュリンプを更に赤くした種類です。完全に固定化出来ていないようですので、稚エビにチェリーレッドシュリンプが生まれます。逆もあります。

icon
icon

イエローチェリーシュリンプ
icon黄色のチェリーシュリンプ。個人的には一番好きです。

icon
icon

オレンジチェリーシュリンプ
iconオレンジ色のチェリーシュリンプ。こちらも飼育してみると結構綺麗ですよ。

icon
icon

チョコレートシュリンプ
icon黒いシュリンプ。名前のつけ方が良いですね(o´▽`)ノ

icon
icon

エメラルドグリーンシュリンプ
icon緑色のチェリーシュリンプです。最近出始めた色です。イエローから来てるのかな?という感じです。緑色で綺麗でした。

icon
icon

スノーホワイトシュリンプ
icon透明感が良い綺麗なシュリンプ。

icon
icon

ルリー系

ルリーシュリンプ
icon有色の部分と透明な部分があります。赤とオレンジが有名です。

icon
icon

オレンジルリーシュリンプ
オレンジバージョンです。
icon

icon
icon

ブルージェリーシュリンプ

ベルベッドブルーシュリンプと言われたり、ランシーロンシュリンプとも言われています。charmの説明では、上記3種名は同種扱いですが、詳細は不明です。ニューシャンパンシュリンプもこちらに含めるみたいです。
icon

icon icon

ベルベットブルーシュリンプ ダークブルー
icon濃い青いチェリーシュリンプ。選別が必要?とも聞いたことがあります。

icon
icon

ミナミヌマエビ

因みに、ミナミヌマエビの青色固定が、ジャパンブルーシュリンプ、赤色固定がレッドヌマエビと黒固定がクロミナミヌマエビと呼ばれているそうです。詳細は、charmをご覧下さい。

赤固定レッドヌマエビ(ミナミヌマエビ【レッド】)

icon
icon

黒固定クロミナミヌマエビ
icon

icon
icon

混合は良くないかも?

色々なカラーがありますね(o´▽`)ノ

作出者の絶え間ない努力の賜物だと思います。色々な色がありますので、どうしてもミックスで飼育したい気持ちに駆られるかもしれません。私は実行してしまいました。

しかし、ミックス飼育は危険かもしれません。

私はそれぞれのカラーシュリンプは、劣性遺伝子発現や、遺伝子欠損等で本来の色が表現できなくなっていると思います。ミックスする事によって、優性遺伝子発現や、欠損遺伝子が補完され、将来的に、ミナミヌマエビのような本来のチェリーシュリンプの色になってしまうかもしれません。

因みに、議論が別れているそうですが、チェリーシュリンプの原種はシナヌマエビとして考えれているそうです。

ただし、新色作出には良いかもしれません。自分が生み出した新色が世に出るのは感慨深いですね。

まとめ

ビオトープに入れたチェリーシュリンプの話から、カラーシュリンプの話しになってしまいました。

エビを眺めていると飽きが来ません。つまつましている姿、ふよふよ泳いでいる姿、、、癒されます。今は色々な色が、手軽に手に入るためエビ水槽を立ち上げても面白いかもしれませんね(o´▽`)ノ

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

≫チェリーシュリンプ等がビオトープで越冬しました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA