Translate:
メキシカンドワーフ

メキシカンドワーフ共食いしやすい?死にやすい?

こんにちは(o´▽`)ノ

オレンジ色のメキシカンドワーフの共食い等について記載したいと思います。私の経験や思った事を述べるだけですので、初心者が何か言っている程度にお考え下さい。



共食いしやすい?

結果を申し上げますと、私は、共食いしやすいと思います。

サイトなどを見ると、「メキシカンドワーフは共食いしやすい」と良く出てきます。私自身半信半疑でした。しかし、飼育していると分かると思いますが、割と死にます。スケミッティやシュフェルディと同等の条件ですが、数を減らしてしまいます。

敏感で死にやすいのか、共食いのためなのか決定的瞬間を見ていないため、分かりませんでした。

今回、メキシカン(2匹)、スケミッティ(1匹)を同居させていたら、5日でスケミッティが姿を消しました。残るは殻だけです。

経験上、アダルト個体のスケミッティは簡単に死にません。水槽も立ち上げたばかりのものではないです。こんなに早くいなくなる事はないため、原因は共食いではないかなと思いました。

餌をやっていないと、いなくなってる印象

メキシカンに餌を2日ほど与えていない時など、良く居なくなっている印象でした。土壌は良い感じに、デトリタスもたまっている状態でしたが、、。

死にやすい?

一応、繁殖させアダルト個体まで育て上げた経験はあります。

 

親や、稚ザリを育ててみて思ったことは、死にやすい印象です。脱皮中に息絶えた個体もいました。

 

稚ザリなどは、専用水槽を立ち上げたにもかかわらず、50匹以上居て3匹のみ成体になった時もありました。ある程度大きな稚ザリになったのに、ちょいちょい姿を消していきます。スケミッティなどでは見られない光景でした。

キーは温度?

メキシカンは高温では死にやすいという情報もあります。実際、冬場に飼育していた時は、交尾もよくし安定していた印象です。ヒーターを入れていましたが、寒いのもあり26℃以下だったと思います。

その時は落ちる個体は珍しかったと思います。4月頃になり、ヒーターを消していました。その時は、死んでしまう個体も出てきました。はっきりしませんが温度は、18℃~24℃ぐらいでした。

ただ高温には弱そうです。一応、29℃程度でも生きてはいますが死ぬ個体もおります。繁殖はしていません。

スケミッティやシュフェルディは?

スケミッティ、シュフェルディの2種を育てています。メキシカンに比べると、簡単には死にません。シュリンプを育てるより楽な印象です。

まとめ

メキシカンについて私の経験と思ったことを記載いたしました。死んでしまうのは、私の知識不足や能力の低さもあると思います。ヤフオク等で、「稚ザリ6匹セット」などの販売が無いため、やっぱり敏感なのかなぁとう印象はあります。

また余裕が出来たら研究して行きたいと思います。

ご覧頂きありがとうございますm(_ _)m

≫ドワーフザリガニ「メキシカンドワーフ(オレンジドワーフ)」について

≫ドワーフザリガニまとめに戻る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA