水槽器具

水槽の冬場の「簡単な」電気代節約方法

こんにちは(o´▽`)ノ

今回は、冬場の電気代の節約方法についてお伝えします。

冬場は熱帯魚をやっていると、非常に気になるのが電気代です。私も、見るたびにヒーターがついていると胃がキリキリしていました。出来たら、電気代を抑えその分生体を購入したいですよね。

今回は簡単に節約出来る方法についてお伝えしたいと思います。

プチプチで包む

非常に簡単な方法です。プチプチで包むだけで全然違います。

ぷちぷちは、100均でかなり大きなものが買えます。

今回は家に余っていたものなので、100均のではないです。

プチプチのぼこぼこした方を水槽側にします。これで空気の層が出来ます。

水槽のサイズにカッティングしてテープで留めるだけです。

作業時間は5分もかかりませんでした。

欠点は、水槽を上からしか見えないことでしょうか、、。下からめくっては覗けます、、。また、サイド、後ろに貼るだけでも全然違うと思います。寒い間だけと思えば、いいかもしれません。

アルミシートで囲む

アルミシートも薄い物ですが、100均で売っています。防寒コーナー?にあります。

これを水槽にプチプチと同じ要領で囲みます。しかし、100%前からは見えなくなります。

私は、水槽をプチプチで囲んだ後、写真のように上からかぶせています。餌の時に外します。

これは100均で購入したものです。

発砲スチロールで囲む

写真がご用意できませんでしたが、発砲スチロールで水槽を囲むのも効果的です。

以前大きな水槽でやっていました。蓋が便利ですよ。

水槽の下に発砲スチロールを敷く

冷えは底からやってきます。地面に直置きでしたら、是非発砲スチロールを敷く事をお勧め致します。写真はスタイルフォームです。

見栄えが気になる方

どの方法も、とても効果的ですが、見えにくくなります、、。こればっかりはどうしようもありません。

私は、どうしても見たいものは、後ろと、サイドをプチプチ、銀マットで包み、正面はカーテンを引きました。

まとめ

どれもすぐ出来る簡単な方法だと思います。費用も殆どかからない上に、次の年も使えます。

これを行ってからヒーターの点灯時間は減っています。

ご覧頂きありがとう御座いましたm(_ _)m