雑記

【ヒップシート・ウェストポーチタイプ】抱っこ紐のメリット・デメリットをまとめました!

こんにちは(o´▽`)ノ

赤ちゃんを抱いているとき、短時間なら大丈夫ですが、長時間となると腕が疲れてきます。腕だけなら良いですが、赤ちゃんを落とさまいと力を張っているせいか、肩甲骨付近が痛くなってきます、、、。

ヒップシート型の抱っこ紐がテレビで紹介されていたので購入しました。使用して思ったことをまとめたいと思います。

ヒップシート抱っこ紐とは

●サルノコシカケみたいな、台座がついた抱っこ紐

台座の上に赤ちゃんが座ります。

装着方法

装着は驚くほど簡単です。ウェストポーチをつける感じと思っていただければ良いと思います。

全体像

腰の位置でマジックテープでとめます。

 

ワンタッチバックルをカチャっとします。

サルノコシカケ(ヒップシート)部分を前に持ってきます。

 

使用感 メリット・デメリット

メリット

●装着が楽で、手軽

装着が楽なのが一番のメリットだと思います。

●腕の負担が少なく、比較的長時間抱いていられる

思ったより楽ですよ(o´▽`)ノ

通常の抱き方は、肩・腰に負担がかかります。

●肩紐がないため、方への負担もありません

 

●片手が空く

 

デメリット

●片手しか空かない

エルゴベビーと違い、片手しか空かない為、家事には不向きです。POLBAN等ショルダーパーツが販売されているブランドもあります。

●安定しすぎている?ためか、赤ちゃんがあまり落ち着かない

ゆれが少ない為か、赤ちゃんの落ち着きが抱いているより弱い印象です。

●長時間の外出にはむかない

おすすめの使用場面

●夫(or妻)や親等に「ちょっと見ていて欲しい時」に使用

装着が簡単なので、お義父さん、お義母さんにもお願いしやすいです。

●ちょっとくずってる時に使用

●近所のちょっとした散歩

ヒップシート 有名ブランド

POLBAN(ポルバン)

 

 

POGNAE(ポグネー)

その他色々なメーカー、廉価版が販売されています。私が購入した商品はこちらです。

まとめ

一番のメリットは簡単に装着できる事だと思います。

抱っこ紐を使うには面倒な、ちょっと抱きたい(抱いてもらいたい)時に使用する感じが良いと思います。こういった場面は、結構あります。

少しでも身体的負担が軽減できれば、その分赤ちゃんに気持ちを注ぐことが出来ます。

個人的にはヒップシート型抱っこ紐はおすすめです。もしご興味があれば、お試しください(o´▽`)ノ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA