ドワーフザリガニ

熱帯魚とドワーフザリガニを混泳してみました!

こんにちは(o´▽`)ノ

ドワーフザリガニを、熱帯魚水槽に入れて様子を見ました。ドワーフザリガニは、大人でも3~4cm程度のザリガニです。

ドワーフザリガニ水槽でも十分楽しめるのですが、やっぱり熱帯魚との混泳をして、居間の水槽でザリガニを熱帯魚とともに楽しみたい!と思い、今回混泳して様子を見ました。

※あくまでもザリガニですので、混泳は自己責任でお願いします。

ドワーフザリガニを熱帯魚と混泳した結果

今回は、透明に近いスカイブルー色のドワーフザリガニ2匹を、1ヵ月熱帯魚水槽に入れました。

タンクメイト:プレコ、ネオンテトラ、ラミレジィ、キティテトラ、コリドラス等

混泳してみて、魚がおびえるなどはなかったように思えます。魚の死体は確認されないので、捕食もしていないと思います。

コリドラスとのツーショット。コリドラスは微動だにしませんでした。そのままザリガニは横を抜けていきました、、、

ラミレジィとのツーショット

ネオンテトラとのショット

キンペコインペリアルゼブラプレコ稚魚とのワンシーン。木の上にも登っていました。こちらでも、ザリガニがプレコに近づいても全く動じていませんでした。尻尾ではねのける始末です、、。

プレコが入っている産卵筒に果敢に入ろうとするザリガニさん

がすぐ出てきました。

プレコ部屋に迷い込んだザリガニさん。こうやって見ると結構動いていますね。

 

淡水シジミとのショット。

≫【アクアリウム】マシジミ(タイワンシジミ?)についてまとめました!熱帯魚水槽で飼育写真あり

ドワーフザリガニとの混泳の可否について

ドワーフザリガニと他の生態の混泳については、意見が分かれています。混泳してもよいという情報もあれば、エビを食べてしまったという情報もあります。

個人的には、ドワーフザリガニ(スケミッティ、シュフェルディ)は温和と思っていますので、捕食してしまうことは少ないと思っています。実際スケミッティ、シュフェルディ同士の共食いも未確認です。そもそも小さく、動きも機敏とは言えないので捕食能力のパフォーマンスは低いような気がします。

エビ水槽に一時期入れていたことがありましたが、エビが速すぎてついていけていませんでした。

ラムズホーンとも混泳していますが、多分食べていないと思います。極小サイズは分かりませんが、、。ちなみにアメリカザリガニはラムズホーンを食べていました。

オレンジドワーフはよくないかも

オレンジドワーフ(メキシカンドワーフ)は私が飼育した限りでは、共食いと思われる事象がありましたので、混泳には向かないかもしれません。

≫メキシカンドワーフ共食いしやすい?死にやすい?

まとめ

もう少し経過を観察していきたいと思います。しかし、水槽内での容姿・行動は思った以上にかわいいです。魚が動じず、相手にしていない姿もまた面白いです。

アメリカザリガニなどは、通常は魚との混泳はリスクが高いです。ドワーフザリガニは、そのようなジレンマを解消する種になるかもしれませんね。

※繰り返しますが、あくまでもザリガニですので、混泳は自己責任でお願いします。検証も不十分ですし、環境も個々人違ってきます。

ご覧いただきありがとうございましたm(_ _)m

≫ドワーフザリガニまとめに戻る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA