ヤフオク!方法

【ヤフオク!】良い・悪い出品者の見分け方についてまとめました!

こんにちは(o´▽`)ノ

ヤフオク!は、ストアだけでなく個人とのやり取りもあるため、「相手がちゃんとしているか不安」と思う事も多いかもしれません。そのために、「ヤフオク!の方が安いけど、ネットショッピングにしよう」と思う事もあると思います。

結論から言うと、良い出品者・悪い出品者は取引をしてみないと分かりません。

しかし大まかですが、ポイントもいくつかあります。私が見ているポイントについて記載して行きたいと思います。

「ポイントを満たしていない=悪い出品者」では絶対ありません。ちょっとしたヒントになればいいぐらいの気持ちでご覧下さいね。

良い・悪い出品者の見分け方 出品評価を見る

ヤフオクの出品者の評価は、

「非常に良い出品者、良い出品者、どちらでもない出品者、悪い出品者、非常に悪い出品者」

と5段階に分かれます。

非常に良い評価の数と悪い評価を比較する

まず非常に良い評価と取引回数を見ます。次に、悪い評価・どちらでもない評価の内容、全体の評価数に対する悪い評価の割合を見ます。

悪い評価の相手の評価コメントやその評価に対する出品者のコメントを見ます。コメントから出品者の性格も分かることもあります。落札者に非があるのに、非常に悪いがつけられている時もありますが、、。

ちなみに、何かの手違いで、落札を取消する場合があります。「出品者都合での取消」を行うと、自動的に「非常に悪い出品者評価」が2つ付いてしまいます。この評価は、あまり気にしなくても良いかもしれません。

下の画像は私の評価です。間違えて出品してしまい、取消した時のものです。不覚でした、、、。

良い評価を見る

非常に良い評価ではなく、「良い評価」を見ることもポイントです。

評価には、「報復評価」が出来ます。報復評価とは、「相手が悪い評価をつけたら、こちらもつけ返す評価」です。

そのため、ちょっと不満でも相手に悪い評価をつけられたくない為、結局は良い評価にしてしまう事も多いです。

でもちょっと抵抗したい、、、そんな心理が働き、非常に良い評価ではなく、良い評価をつけて本音を言います。

私も落札者様から、過去に前述の方法でご指摘をいただいた事があります。ご指摘は非常にありがたい事です。

非常に良い評価のコメントを見る

定型分(「ありがとうございました。とても良い取引ができました。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。」)ではなく、落札者が直接入力したコメントは信頼度が高いと思います。満足しないと、定型分を書き換えないと思います。面倒ですしね、、。ただし、ジャンルによります。

個人的には、定型でなく、ちゃんと書いた評価を貰うと非常に嬉しいです。

質問にちゃんと答えているか

質問について、言葉遣いや、丁寧に答えているかなどもポイントだと思います。

こちらもジャンルによってまちまちです。質問の回答が非常にぶっきらぼうであっても、商品・梱包が丁寧な方もいらっしゃいます。

落札者への評価を定型分から変えているか

落札者への評価の定型分も、「ありがとうございました。とても良い取引ができました。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。」です。

この文章を変えて、例えば「この度は懇切丁寧なご対応をいただき誠にありがとうございます。信頼できる落札者様です。また御縁がございましたら何卒よろしくお願いいたします。」など一手間かけている方は、ちゃんとしている印象です。

落札率が高いと表示されている

最近の事ですが、出品者情報の隣に落札率が高い方は、「落札率が高い」と表記(ブラウザ限定?)されるようになりました。落札率が高いとなると、「人気がある」という指標の1つに成り得ます。

≫【ヤフオク!】出品者情報の右の「落札率が高い」表示について思った事をまとめました!

出品する場合は反面教師に

もし、ヤフオク!で出品をお考えの方は、落札した時に「あまり気持ちが良くない取引だった。」と思ったときはチャンスです。

逆の事を行えば良いと思います。勉強になりましたぐらい思っておくと、溜飲が下がります。

まとめ

冒頭でも記載しましたが、取引してみないと分からない事も多いです。ジャンルによっても違ってくると思います。一つのヒント程度に頭の片隅にお入れいただくと幸いです。

実際は、ここまで注意しなくても殆どは普通に取引できます。ヤフオク!を上手く使えば安く手に入れることが出来ます。試しにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

ヤフオク!記事まとめに戻る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA