水槽器具

【ビオトープ】一瞬で水あふれを解決・水位を調整する方法について良い点と注意点についてまとめました!

こんにちは(o´▽`)ノ

ビオトープで生き物を飼育する上での懸念材料の一つは、雨による水溢れです。

今回、水溢れで生体が飛び出してしまい結構な被害が出たので、タオルを用いた出水対策を行いました。

また、その効果について検証いたしました。

方法

やり方は一瞬で終わります。タオルをビオトープにかけて放置これだけです。

毛細血管現象という原理を利用します。筆を墨汁に下したときに、黒く染まる、、、これも毛細血管現象です。

タオルを用意します。

後はかけるだけです。

実際例

やり方は知っていたのですが、なんとなく面倒だなと思い今までやれずにいました。しかし、結構効果ありました!

タオルを付けて、30分程度待つと、じわじわと濡れてきました。

数時間後の写真です。水が流れ出ています。

これはかなり効果ありと判断し、すべてのビオトープに設置しました。写真のように水が常に少しずつ流れています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

dangomusisan(@dangomusisan)がシェアした投稿

水位はどこまで下がる?

写真のように、タオルをの高さまで水が減っています。

どのくらいのスピードで水が減る?

この写真実は、前日まで水が一杯ありました。1日で、タオルの位置まで水が減っています。これは結構な効果だと思います。

良い点

思った良い点について記載していきます。

放置でいい

何もしなくてもいいのでかなり楽です。

水位をコントロールできる

水位をコントロールできるので、ちょっとした雨ではあふれることがなくなります。

楽に水換えもできちゃう

ビオトープはあまり水替えしないイメージですが、富栄養化がすすむとアオミドロが増えたりしてやっかいです。

今まで思いついたときに、プラケースで地道に水替えをしていました。ですが、タオルが水を外に出してくれるので、水替えが非常に楽になりました。

一杯になるまで水を入れておけば勝手に水を出してくれます。

注意点

万能タオルですが注意点があります。

タオルを深く入れると水が減りすぎる

タオルを深く入れるとその分水が出て行ってしまうので注意です!たくさん水替えしたい場合は逆に利用できます!

大雨には対処できない

夕立や台風などの短時間での大量の雨には対応できません。

緩やかな雨には対応できそうです。

大雨の対策は、ビオトープを加工してオーバーフローを作ると良いと思います。

 

見た目が悪い

見た目は正直あまりよろしくはありません。

気なる方は、同じ原理を利用した商品が販売されています。

まとめ

雨の日にビオトープが気になる方ぜひ試してみてください!個人的には水替えが楽になったのがかなり嬉しいです(o´▽`)ノ

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

≫【ヤゴ・カエル対策】ビオトープの網蓋を作成しました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA